燃料電池

燃料電池は水素やメタノールなどの燃料を空気などの酸化剤に反応させて発電します。燃料電池のセルにはさまざまな種類があり、室温に近い温度で動作するものもあれば、それよりはるかに高い温度で動作するものもあります。これらセルの特性を勘案した燃料電池の設計が行なわれています。ただし、ニッケルは内部部品でも触媒でも、ほぼすべての種類の電池において役割を持っているのです。

ニッケル含有材料は燃料を生産する関連設備でも必要とされています。たとえばメタンから水素を生成する改質装置などです。「化学」産業の項をご覧ください。

燃料電池は、個人の建物から車両、携帯電話に至るまで、地域的な発電が優位性を持つ場所で用途が広がっています。

ニュースと記事

技術文献

  • 10056 : 高温合金の実用ガイド
  • 11021 : 高機能ステンレス鋼
このページのトップへ