廃棄物エネルギー

エネルギーの利用量と大気汚染を低減するため、廃棄物焼却炉の建設件数が増えつつあります。これらの焼却炉は、製造加工または地域暖房のために電気と熱の両方を生産します。焼却炉とガス浄化システムの高温で苛酷な条件に耐えるため、耐熱性と耐食性を備えたニッケル含有材料が必要とされています。

有機廃棄物に対し(堆肥化に似た)嫌気性消化による処理を行ってメタンを生成し、それを発電や暖房に使うことができます。「バイオ燃料」をご覧ください。

ニュースと記事

技術文献

  • 10027 : FGDシステムにおけるニッケル合金の溶接と製造
  • 10072 : 排煙脱硫システムのニッケル含有材料
  • 10086 : 耐食性と耐熱性を備えたニッケル合金
  • 11020 : ニッケルクロムモリブデン合金による壁紙シートライニングのガイドライン
  • 11021 : 高機能ステンレス鋼
  • 14045 : 廃棄物エネルギー化プラントの高温腐食における塩素の役割
このページのトップへ