太陽エネルギー

太陽エネルギーを利用するには3つの異なる方法があります。すなわち、低温集熱、集光型太陽熱発電、太陽光発電システムです。低温集熱システムは通常、平板型集熱器を用いて水を加熱します。ニッケル含有ステンレス鋼が集熱器や関連するパイプに用いられています。これらのステンレス鋼を選択面に採用すれば、太陽放射線を非常に効率よく吸収する一方、集熱器の温度でエネルギーを再放射することがほとんどありません。

集光型太陽熱発電では、鏡面アレイを用いて太陽放射線を集光器に集めることで、その温度を500℃にまで高めることができます。この熱を吸収するのが、熱と腐食に耐性を持つステンレス鋼管内の溶融塩です。蓄熱にも、溶融塩の入ったステンレス鋼のタンクが用いられます。

太陽光発電(PV)システムは直接発電を行うシステムで、パネルのフレームにステンレス鋼が利用されています。

ニュースと記事

このページのトップへ